看護師の採血のアルバイトを探すには?

採血のアルバイトは少ないときでも数十人程度、多い場合には200人くらいの人の採血を1日でこなさないといけないケースもあります。そこでもともと採血に自信を持っている人にはうってつけのアルバイトといえます。一方で採血が苦手な人も採血のアルバイトを目指す人が多いです。採血のスキルをアップするためには、とにかく経験を積むことです。そのため、採血のアルバイトが採血の苦手な人も応募を希望するわけです。

 

採血のアルバイトの中には、スキル重視している案件もあれば、未経験者でもOKとしている求人もあります。自分のスキルに合ったバイトを探さないといけません。しかしどのような人材を求めているのか判断をするのは、求人情報をチェックするだけは難しいです。

 

そこでおすすめは、看護師専門の転職サイトを利用することです。コンサルタントが相談に乗ってくれるので、自分のスキルに合った求人を紹介してくれます。無料で登録できるので、利用している看護師も多いです。

看護師の採血業務のアルバイトとは

看護師を対象にして広くアルバイトが募集されています。その中の一つに、採血をしてくれるスタッフのバイト募集の出ていることがあります。

 

採血アルバイトを募集しているのは、健診センターや健診クリニックなどの健診関係の施設が多いです。その他には献血関連や治験を行っている所で、スタッフの募集を行っていることもあります。病院では採血専門の看護師をバイトとして雇っている所はまずありません。

 

採血が得意という人はもちろんのこと、採血は苦手だけれどもスキルアップして今後の看護師のキャリアに役立てたいという人にもおすすめです。採血というのは、とにかく経験を積み重ねていって、コツをつかむことが上達するために何よりも欠かせないポイントです。

 

健診センターなどで採血業務のアルバイトをすれば、多いときには日に何百人という単位の採血をすることもあります。これだけの人数の採血業務を行っていれば、しばらくすればかなり上達しているでしょう。